Sim Handbrake シムハンドブレーキ 国内正規品


価格:
販売価格¥38,980

説明

"迷ったら、思い切って"

ラリーやドリフトでは、コントロールを徹底したいところです。新しいHeusinkveld Simハンドブレーキは、ロードセル技術を使用した、高度に調整可能な感圧式USBハンドブレーキです。幅広いオプションで好みのメカニカルな感触を設定でき、Heusinkveld SmartControlを使って出力カーブを自由に形成することができます。汎用性の高い、高品質なハンドブレーキシステムです。


技術

CADとFEAを用いて設計され、すべての構造部品はCNC精密レーザー切断されたスチールで、ビーズブラストまたは微細構造のパウダーコート仕上げています。強度、剛性、耐久性に優れています。

新しいシムハンドブレーキは、前作のレバー寸法を維持しながら、より大きな力を扱うことができ、よりコンパクトなベースを実現しています。これにより、シミュレーターへの取り付けがより簡単になりました。


調整機能

Heusinkveld Sim Handbrakeは、ハンドブレーキをお好みに合わせて設定できるよう、幅広い調整を備えています。

レバーを引く際の抵抗となる2段式のスプリングシステム。最初の金属製スプリングは、パッドとプレートの隙間やハンドブレーキケーブルのたるみを再現しています。このスプリングのストロークとプリロードは調整可能です。また、このスプリングは取り外すことも可能です。

ブレーキにかかる主な負荷は、Heusinkveld独自のゴムを圧縮することによって再現され、これまでにないプログレッシブなブレーキフィールを実現します。ゴムは全部で3種類あり、ソフト、ミディアム、ハードの3種類のハンドブレーキフィーリングを設定することができます。




レバーの位置は、水平方向と垂直方向に設定可能です。レバーの位置を正確に設定するために、ポジションごとに最大26度までの微調整が可能です。

また、オプションのアダプタープレート(アルミ製フレームに簡単に取り付け可能)を使用すれば、ハンドブレーキの角度を最大22.5度まで自由に設定することができます。これにより、シミュレーターの人間工学を大幅に向上させ、様々な取り付け位置からハンドブレーキをまっすぐ手前に引くことができるようになります。

センサーと出力

レバーは120kgのロードセルを作動させ、レバーで測定される実力は最大22kgとなります。ハンドブレーキ力の測定はリニアです。Heusinkveld SmartControlソフトウェアを使用すると、出力カーブを自由に設定することができます。

ハンドブレーキの電子回路は、ハンドブレーキベースの内部に組み込まれています。システム全体がEMC準拠テストに合格しており、安定した出力信号が保証されています。ハンドブレーキをパソコンに接続するためのUSBケーブルは、すべてのハンドブレーキに付属しています。

SmartControl(スマートコントロール)

Sim Handbrakeには強力な設定ツールが付属しており、これまで不可能だった方法でハンドブレーキを設定することができます。それがSmartControlです。SmartControlは、(非線形)出力カーブ、デッドゾーン、ハンドブレーキ力を即座に反映させることが可能です。

これらの調整は、ハンドブレーキ(iRacingを含む)の再キャリブレーションを行うことなく行うことができます。すべての設定はプロファイルに保存でき、マウスを数回クリックするだけで再び読み込むことができます。

ハンドブレーキ出力カーブの再現

SmartControlの主な機能は、カスタム信号出力マップを設定できることです。従来、レースシミュレータのハンドブレーキ出力は、ハンドブレーキ入力に対して1対1の感度を有していました。SmartControlでは、5つのゾーン(6つの入力パラメータ)を使用して、非線形の出力カーブを再現することができます。

これは、ハンドブレーキを非常にアグレッシブにしたい場合(例えば、ドリフトやターマックラリーの場合)に便利です。また、ホイールがロックしやすい(ダート路面など)場合は、初期出力を弱く設定することもできます。

ハンドブレーキには、あらかじめ出力カーブが設定されたCurve Typeプルダウンメニューがあります。また、カスタムカーブを作成するオプションを選択し、各ゾーンに希望のハンドブレーキ出力割合を手動で設定することもできます。独自の形状を完全に自由に設定することができます。

デッドゾーンとハンドブレーキ力の調整

SmartControlは、ハンドブレーキ下部のデッドゾーンをすばやく簡単に調整することができます。これらの調整を変更した場合の効果は、視覚的に、リアルタイムで確認することができます。また、シミュレータでハンドブレーキの出力を100%にするために必要な力は、マウスを数回クリックするだけで設定することができます。

プロファイル

SmartControlは、無制限のプロファイルをサポートしています。プロファイルの保存と読み込みは、数回のマウスクリックで行えます。プロファイルデータは、キャリブレーション値に関連して保存されるため、Sim Handbrakeの所有者間でハンドブレーキデータを交換することが可能です。

 

他のSmartControl対応製品とのプロファイルの共有。
SmartControlを使用する他のHeusinkveld製品をお持ちの場合、複数のデバイスを含む1つのプロファイルを作成することが可能です。これにより、マウスを数回クリックするだけで、ハンドブレーキとペダルの設定を一括して変更することができます。

 

キャリブレーションウィザード

ハンドブレーキは、組み立て時にあらかじめキャリブレーションされており、差し込むだけで使用することができます。ハンドブレーキの再校正を行わなくても、SmartControlですべての調整を行うことができます。

再度キャリブレーシが必要な場合(例えば、ハンドブレーキの機械的な調整を行った後)、SmartControlには、簡単に行えるキャリブレーションウィザードがあります。

取り付け

Sim Handbrakeをシミュレーターに取り付けるには、複数のオプションがあります。ベースは水平または垂直に設置することができます。レバーを水平または垂直に取り付けるオプションと合わせて、お持ちのシミュレータにハンドブレーキの適切な場所に取り付けるためのオプションが付属されています。

ハンドブレーキの台座は2通りの方法で取り付けることができます。1つ目は、ベース本体にある4つの取り付け穴(片側2つずつ)を使って、ハンドブレーキを平らな面に取り付ける方法です。ハンドブレーキベースを取り付ける平らな面の取り付け穴が一致していることをご確認ください。

2つ目の選択肢は、付属のオプションのアダプタープレートを使用することです。これにより、Sim Handbrakeをアルミニウム製フレームに簡単に取り付けることができます(アルミニウム製フレームは付属されません)。

このアダプタープレートには、ハンドブレーキの角度を簡単に調整できる利点もあります。これにより、ハンドブレーキベースの角度を最大22.5度まで調整することができます。


角度調整機能により、ベースを回転させ、レバーを引く方向を最適化することができます。これにより、シミュレーターにおけるハンドブレーキの人間工学的な操作性と一体感を大幅に向上させることができます。

取付材料

Sim Handbrakeには、ボルトとTナットが付属しています。アダプタープレートを使用して、ほとんどのアルミニウムフレームベースのコックピットにハンドブレーキを装着することができます。
市場にはさまざまなコックピットが存在するため、付属の材料ですべてのコックピットにSim Handbrakeを取り付けられるとは限りません。例えば、ハンドブレーキを(穴の開いた)平らな表面に取り付ける場合、取り付けを完了するために、適切な長さのボルトとナットをお客様ご自身で調達する必要があります。

 

詳細

ハンドブレーキには、印刷されたマニュアルが同梱されています。

本製品は、PC / Windowsプラットフォームに対応しています。XboxやPlaystationなどのゲーム機では使用できません。

ハンドブレーキは、あらかじめキャリブレーションされています(プラグアンドプレイ)。SmartControlを使用して再キャリブレーションや特定のハンドブレーキの設定を調整する場合は、Windows 10を実行する必要があります。

Sim Pedals Sprintは、EMCコンプライアンス試験に合格するなど、CE認証を取得しています。

お買い物ガイド

お支払い方法

Amazon American Express Apple Pay Google Pay JCB Mastercard PayPal Shop Pay Visa

お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスすることはありません

関連商品

閲覧履歴